洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

とりあえず疫病退散!

どうも。つい最近、『ある山下テツローの場合(近日連載スタート!)』の制作準備のために、20数年ぶりにペンタブレットを購入することにしました。

 ペンタブレットは私が学生のころに、日本の某ペンタブレットを一度購入して使っていたのですが、当時のパソコンの性能などの都合で、手書きのお絵描きと比べて、作業効率がイマイチになってしまい、徐々にペンタブレットを使うことに嫌気がさして、結局マウスだけでやるようになってしまいました・・・OTL

しかし、自分の身体の可動域が年々悪化していることが気になり(^_^;、これを機に過去に挫折したペンタブレットに再挑戦することにし、自分の身体の可動域と現在のパソコンの性能(と私の懐の具合)と相談の上、日本のネットオークションで中古の海外メーカー製のペンタブレットを1,670円(送料込み。)で入手しました。

f:id:Hanakonjo129:20200319033549j:plain

左から、取扱説明書・タブレットのケーブル・ペンの替え芯・ペン・ペンタブレット自体。

ですが、このペンタブレットはお絵描きや電子署名用に作られた物ではなく、「osu !」というゲームをプレイしやすくするために作られた道具の一種です。
そのため、ペンタブレット自体の大きさはタテ11cm×ヨコ17cmと、日本の郵便ハガキ並みです。

しかも中古品なので、ペンタブレット自体に部分的なすり減りがあるのと、タバコ臭がします・・・(-_-;
でも、どうにかタバコ臭を軽減しようと思い、ペンタブレット自体とケーブルとペンを何度か水拭きと乾拭きをしました(ちなみに、水拭きと乾拭きで使い終わったペーパーをみたら、茶色くなっていました・・・。)。
タバコ臭は気になりますが、新型コ○○ウイルス(今回も自主規制させていただきます。)の影響で、国内外製の小さめの電気機器が入手困難になっているそうなので我慢します。

f:id:Hanakonjo129:20200319033430j:plain

黄色で囲んでいるところが、摩擦などで少々すり減ってます。

水拭きと乾拭きをしたのでちゃんと動くのか少々不安になり、まずメーカー側のドライバーアプリをインストールしない状態で、パソコンにつないでテストをしてみました。

パソコンのマウス並みに起動しました(^_^)

次に、メーカー側のドライバーアプリをインストールしない状態でも、お絵描きが出来るのかをテストすることにします。
今回は、パソコンに入っているペイント系アプリとペンタブレットで、最近ネット上で話題になっているという“妖怪アマビエ”を描いてみることにしました。

最初は主線や描けていました。しかし、ドライバーアプリ無しでやっている影響なのか、作業中にペン自体が何度も干渉してしまいました。あまりにも誤作動するので、途中からパソコンのマウスに変更しました。

そして1時間前後。以下のようなものができました。
やはり、お絵描きやデジタルペイントの道具として使うには、メーカー側のドライバーアプリをインストールしないと言うことを聞かないみたいです。
あとでドライバーアプリをダウンロードしに行ってきます・・・。

f:id:Hanakonjo129:20200319033609p:plain

たぶん、妖怪アマビエ・・・。欲しい人いたら、お持ちください(^_^;