洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

本当に、日本の“炭鉱のカナリア”たちを信じて良いのだろうか?

どうも。この数か月、世界中で“目に見えないカナリア”が鳴いているらしいです(なお、カナリア諸島のことではありません(^_^;)。

 “目に見えないカナリア”と言っても下図のようなもののことではなく、このところの海外からの日本に対するイメージ株取引の世界私自身、株取引したことがないのでピンと来てませんが・・・)・ここ最近の飲食店や観光名所の様子の例えなどで使われる“炭鉱のカナリア”という言葉のことです。

どうでもいいことかもしれませんが、この数日、私が住んでいる地域では、新型コロナウイルスあまりにも日本の状況が深刻になってきたので、今回から自主規制をやめます。)の影響で、外出自粛要請が4月12日まで出ています。

ですが、(私の家の窓から見た限りでは、)朝はスーパーの開店待ちやパチンコ屋の入場待ちの行列は相変わらずあるし、夜は暴走族が集まっている音が聞こえるし・・・と、本当に日本中で鳴いている“炭鉱のカナリア”たちを信じて良いのか、疑いたくなります。

f:id:Hanakonjo129:20200330013453p:plain

©2020 Ryoichi Satomiya