洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

もう12年経っていたのか・・・。

どうも。この数か月、新型コロナウイルスの事に囚われていたせいか、家にいても生きた心地のしない日々を送っていましたが、8日に報じられたあるニュースの動画をネットで改めて見たのを機に、頭の片隅に押し込んでいたある事件の記憶を思い出しました。
www3.nhk.or.jp

 そのニュースとは、一人のある孤独な男の“狂行”と“暴発”によって起こった、いわゆる「秋葉原通り魔事件」が起きて今年で12年経つというのを機に、献花スペースを設けるのを今年で終了するというものでした。

ja.wikipedia.org

この事件のニュース動画のことも、事件後数日経ってから晴れた日の秋葉原へ出かけて、むせ返るくらい線香のにおいがする電気街や事件現場への道を通って、現場に出来ていた小高い花束の山と化している献花台へ花を手向けたことを今でも覚えています。

またしても、これからの日本の人々の記憶から抜け落ちそうなデータ候補が増えてしまったのだなと思う一方で、日本の義務教育でこの事件と*1被疑者の心境のことも取り上げたほうが良いじゃないかと思いました(T_T)

 

 

今週のお題「外のことがわからない」

*1:「容疑者」の難しい呼び方。