洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

富永一朗先生、逝去・・・(T_T)

どうも。どうでもいいことですが、今日の東京都の天気は「くもり」で降水確率0パーセント・・・のはずなのですが、朝からドシャ降りの雨が降ったりやんだりしています。これを書いている現在は・・・ドシャ降りです(-_-;

それはさておき、既にご存知と思われますが、『お笑いマンガ道場』のレギュラー出演者の一人などで知られていた、富永一朗先生が老衰で亡くなられていたことが報じられました。96歳でした。

www3.nhk.or.jp

 私自身、残念ながら富永先生と鈴木義司先生の作品自体を読んだことがありませんが、『お笑いマンガ道場』での鈴木先生とのマンガを使った“こき下ろしバトル”を楽しく観てました(現代の日本の倫理観では、放送・閲覧不可能レベルなんですけどね・・・。)(^_^)
昭和時代の日本のマンガならではのシンプルな画風と軽快なセリフ回しの応酬は、ビジュアルとストーリー性重視傾向にある平成時代以降の日本のマンガでは、中々お目にかかれないですね。

最近は、昭和時代の日本のマンガを継承しようとしている人がいるみたいですが、読者からのプレッシャーや直球的な批判攻撃に負けず、近年増えている“出版系の編集者”と書いて“鬼畜”と読むような人の力に飲み込まれずに、自分の納得したスタイルを突き通してくれることをお祈りいた
します(*˘人˘*)spice.kumanichi.com

途中、話は脱線してしまいましたが、改めまして富永先生のご冥福をお祈りいたします・・・(-人-)