洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

なぜ、いま“種”なのか?


www.youtube.com
どうも。最近ネットで知りましたが、2000年代生まれのガンダム作品の1つ『機動戦士ガンダムSEED』が、来年の2022年でテレビ放送開始から20周年になるということで、中国と日本を中心に、大型プロジェクトが動いているそうです。
そのプロジェクトの一環で、中国・上海のららぽーとの敷地内には、実物大のフリーダムガンダムが立っています。

それにしても、“ガンダムSEED”だなんて、何年ぶりに聞いただろう・・・。

 そもそも『機動戦士ガンダムSEED』というのは、2002年から2003年にテレビで放送されていたガンダムもののアニメで、C.E.(コズミック・イラ)時代の宇宙と地球で起きた、ナチュラル(自然種としての人間。)とコーディネイター遺伝子操作・改造された人間。)の戦争に巻き込まれていく少年少女達の苦悩を描いた作品です。
ちなみに、当時のガンダム好きの人々の間では“種(たね)”とも呼称されていました。

dic.nicovideo.jp

現時点では、『機動戦士ガンダムSEED』の世界を舞台にした新作マンガの発表と、そのマンガに登場するモビルスーツのプラモデル化や、『機動戦士ガンダムSEED』の劇場アニメ化などがあるそうです。

www.gundam-seed.net

それにしても、『機動戦士ガンダムSEED』の劇場アニメ化って、遅すぎやしませんか?個人的には、2010年代までに作ってほしかったです・・・(-_-;;
くれぐれも、『劇場版 機動戦士Zガンダム』のようにならないことをお祈りします。あの三部作は、ストーリーは嫌いではありませんでしたが、本編中のキャラクターデザイン描写のハンパない違和感に苦しみました。当時映画館で観ては、本気で体調崩していたことを今でも覚えています・・・(>_<|;|
www.youtube.com

movie.maeda-y.com

animeanime.jp