洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.8こんなお父さんはイヤだ!・その1

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを盛り込んで書いていくコーナーとして復活させてみたものです(^_^;

第8回は、フランツ・シューベルトさんの「魔王」です。昭和から平成時代に日本の義務教育を受けた方には、音楽の授業の「お父さん!お父さん!」で、おなじみですよね?今回は、多くの日本人にピンと来る(はず)の日本語版のものを探しましたので、是非ご参照くださいm(_)m

 この曲(というか歌曲?)は、シューベルトが18歳のころに出会った、ゲーテ「魔王」という詩に触発されて、制作・発表されたものです。

後にゲーテ本人にもこの曲を載せた歌曲集を作ってプレゼントしようと試みたそうなのですが、ゲーテ本人はこの曲のことを酷評していたために、実現しなかったと言われています(しかし、ゲーテシューベルトが亡くなってから、この曲を褒めていたと言われています。)。

ちなみに、この曲に出てくる魔王にはモデルがいると言われています。それは、シューベルトのお父さんです。

そう言われている理由としては、作曲家になることを夢見る10代のシューベルトと、自分のように音楽の先生になる道を歩んでほしいと願うシューベルトのお父さんとのあつれきが凄かったと言われています(例.音楽の先生になるための学校へ入ってほしい父に逆らって、エリートしか入学できないというある音楽系の学校を受けて入学した・・・など。)。

父への度重なるうっ憤から“魔王”というものを生み出し、そしてその魔王を利用して(?)歌曲を作ったとは・・・。こんなセンスほしいですね(-_-;;