洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.105今年の夏ならコッチかも?

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを盛り込んで書いていくコーナーとして復活させてみたものです(^_^;

第105回は、研ナオコさんの「夏をあきらめて」です。この曲は2020年現在、CDのほかに、一部の音楽配信サービスで聴けます。

既にご存知かと思われますが、この曲はサザンオールスターズの1982年7月に発表された曲のカバーで、同年の9月に発売されました。
発売当時、サザンオールスターズのもの同様に大ヒットし、現在では研ナオコさんの代表曲の1つになっています。

今年だけに限れば、2020年の日本の夏は“諦めの夏”なのかもしれません(中には、頭を使って、夏を満喫されている方もいるのかもしれませんが・・・(^_^;A)。

なお、これは余談ですが、この10年以上、私の携帯電話の夏の着信音はコレです。一度は、諦めの夏以外を着信音にして、夏を過ごしてみたいものです・・・(--;


研ナオコ 夏をあきらめて (1982)

 

夏をあきらめて

夏をあきらめて

  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 今週のお題「夏うた」