洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.150ライディーンや胸キュンだけじゃない件・その7

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを書いていくコーナーとして復活してみたものです(^_^;

co062c54.hateblo.jp

  第150回は、「BEHIND THE MASK(ビハインド・ザ・マスク)」という曲です。この曲は2021年現在、1978年発売&2018年再発・アナログ盤化されたアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』と、2020年に発売されたブルーレイ『テクノドン・イン・東京ドーム』に入っているライブ映像と特典CDや、一部のネットのカバー動画などで聞けます。

 既にお気づきと思いますが、今回取り上げるのは2000年代の日本の競争馬のことではなく、曲のことです(^_^;
ちなみに、この曲のタイトルを日本語っぽくすると「仮面の裏側」という感じになります。

ja.wikipedia.org

1970年代後半から1980年代前半の坂本教授は、坂本教授のデビューアルバム『千のナイフ』や『B-2ユニット』などに収録されている曲などを聴いても分かるように、難解なコード進行の曲を得意とされていました・・・。
ところが、この「BEHIND THE MASK」では、いわゆる*1ロックのコード進行を使用して作られています。

ymo.fandom.com

作曲者は坂本龍一教授なのですが、現段階では、クリス・モスデル氏が歌詞をつけたバージョンいわゆるYMO版。)とマイケル・ジャクソンさんが歌詞をつけてアレンジもしたバージョン海外ではおなじみのほう。2010年に発売されたアルバム『マイケル』で初CD化。今も、この曲を書いたのはマイケルさんだと思っている人が多いらしい・・・。)という2種類の歌詞が存在します・・・(-_-;;
更に余談ですが、YMO版のほうの編曲は、坂本教授と高橋幸宏さんとの共同で行っていたため、一時期、作曲者の一人として、幸宏さんの名前が、レコードやCDの歌詞情報やスコアブックなどで連名でクレジットされていたことがあったそうです・・・。
色々とややこしいですが、良い曲は良い!・・・ということで(^_^;

今では貴重な、1979年当時の海外ライブでの「BEHIND THE MASK」。
BEHIND THE MASK - YMO 1979 LIVE at THEATRE LE PALACE

これは、1980年当時に坂本教授の手で演奏された「BEHIND THE MASK」。1980年の日本の時計のコマーシャルで流れていた曲だったそうです。2021年現在は、2003年に発売された、坂本教授による選曲のベスト盤『UC YMO』だけで聴けます。
Yellow Magic Orchestra - UC YMO - 34 Behind the Mask (Seiko Quartz CM Version)

これは、アルバム『TECHNODON』発売後、1993年6月に開催された東京ドームでのライブで披露された「BEHIND THE MASK」。

YMO - BEHIND THE MASK (1993 Tokyo Dome Live)
かつてのYMOと比べると、1980年代以降の国内外のコンピューターや電子楽器の技術向上のせいか、なんだかエッジが効いた感じに聴こえます。
どうでもいい話ですが、近年の電子楽器の音色は更なる技術向上のせいか、こんなに尖っているような鋭い感じのような感じのものって少なくなりましたよね・・・。
別に、悪い意味で言ったわけではないですよ・・・(^_^;

1986年に発表された、イギリスのレジェンド系ミュージシャンの一人、エリック・クラプトンによる「BEHIND THE MASK」。


Behind the Mask (2015 Remaster)


かつての日本のYMOのカバー企画に参加していた、ザ・ヒューマンリーグによる「BEHIND THE MASK」。
The Human League - Behind The Mask (Y.M.O. cover)

オマケとして、坂本龍一教授の2010年代からのライフワークとなっている、東北ユースオーケストラの「BEHIND THE MASK」。2021年こそ、コンサート出来るといいですね。

Behind The Mask / Ryuichi Sakamoto with Tohoku Youth Orchestra (Ark Nova Matsushima 2013)

 

TECHNODON IN TOKYO DOME[Blu-ray]

TECHNODON IN TOKYO DOME[Blu-ray]

  • 発売日: 2020/04/22
  • メディア: CD
 

*1:F-D♭-E♭-Cm。