洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.152「戦メリ」よりはコッチかも・その15

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを盛り込んで書いていくコーナーとして復活させてみたものです(^_^;

co062c54.hateblo.jp

 既にご存知と思われますが、坂本龍一教授は癌の治療中という情報が、ネットを中心に流れています。
私事ですが、坂本教授が患っている病気の名前が、私の父(享年75歳)と同じ病名だったので、*1最悪な結果にならないことを個人的に祈っております(T人T)

co062c54.hateblo.jpwww.daily.co.jp

話を替えます。
第152
回は、坂本龍一教授の「Steppin' Into Asia」です。この曲は2020年現在、1990年に発売された坂本教授の1980年代の曲のベスト盤『グルッポ・ムジカーレ』と、2020年に発売された、坂本教授の1980年代の曲のセレクト盤『GREAT TRACKS』で聞けます。

 この曲は、1986年に坂本龍一教授が企画したコンピレーションアルバム*2『デモテープ1』にも選ばれた、*3浅野智子という一般人のヒンドゥー語ラップを気に入った坂本教授が抜擢し、製作されました。サビの部分を歌っているのは矢野顕子さんです。
ちなみに、この曲の中で浅野氏がラップしているのは、タイ文部省側から坂本教授に提供された、タイの昔話だそうです。
この曲は発売当時、普通のシングル盤と生産数限定のピクチャーレコード盤普通のシングル盤で使われているジャケット写真をレコードに直接印刷したような感じの物。実物を見た時は、個人的にキュン死しかけたことがあります(ºωº)。)で販売されていました。
www.110107.comどうでもいいことかもしれないですが、近年のアナログ盤ブームの影響なのかは分かりませんが、2010年代以降にリリースされた坂本教授の新曲や過去の曲の再販モノは、アナログ盤だけというパターンが多いような気がします。
人生の中でアナログ盤に針を落としたことが無い私は、手を出すかどうか日々苦悩しています・・・OTL

www.businessinsider.jp


 今では(大人の事情で、)実現不可能な取り合わせのパフォーマンス。

Ryuichi Sakamoto / Akiko Yano - Steppin' Into Asia
こんな事が許されていた(許すしかない?)時代に発表された曲です(^_^;;
ひょうきんベストテン/坂本龍一
2020年にネット上で発表された、この曲のカバー*。・+(人*´∀`)ウットリ+・。*

【村上ユカ】Steppin' Into Asia~ステッピン・イントゥ・エイジア~(坂本龍一Cover)Ryuichi sakamoto

 

GREAT TRACKS(完全生産限定盤) [Analog]

GREAT TRACKS(完全生産限定盤) [Analog]

  • アーティスト:坂本 龍一
  • 発売日: 2020/07/22
  • メディア: LP Record
 
グルッポ・ムジカーレ~ベスト

グルッポ・ムジカーレ~ベスト

  • アーティスト:坂本龍一
  • 出版社/メーカー: ミディ
  • 発売日: 1993/03/01
  • メディア: CD
 

*1:私の父の場合は、悲惨な最期でしたが・・・。

*2:1980年代に発売された、坂本教授が当時パーソナリティを担当していたFM番組『サウンド・ストリート』の「デモテープコーナー」で採用された人の楽曲の傑作選。1990年代に一度CD化されたことがある。

*3:「デモテープコーナー」に、「ヒンドゥー語ラップ「チベタン・ダンス」」という作品のデモテープを投稿し、採用・放送されたことがある。