洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.169「戦メリ」よりはコッチかも・その18

 これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを書いていくコーナーとして復活してみたものです(^_^; 

co062c54.hateblo.jp

 どうでもいいかもしれませんが、本日(26日)放送された『題名のない音楽会』で、偶然この曲のカバーを耳にして、久々にキュン死しそうになりました(^_^;
第169回は、坂本龍一教授の「1919」です。現在は、坂本教授の公式チャンネルで聴けます。

 この曲は、1996年のアルバム『1996』に収録されたもので、このアルバムの中では唯一の書き下ろし曲です。ドラムなしでテクノ・サウンド的な表現を試みた実験的な作品でした。ja.wikipedia.org

 この曲のバックに流れている音声は、*11919年当時に記録されたとされているレーニンのスピーチ音声です。ちなみに、この曲のタイトルもこのスピーチからつけられています。当時の坂本教授はラップという位置づけでこの音声を利用していたのだそうです。
かつてのロシアの革命家・独裁者の音声をアクセントに使うとは・・・さすが坂本教授(^_^|;|
ja.wikipedia.org

 

これがオリジナル。
www.youtube.com

ネット上や『題名のない音楽会』で発表された、箏(こと)アーティストのLEO氏によるカバー。

www.youtube.com

 

1919

1919

  • FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC.
Amazon
1919 (Live)
坂本龍一:1919

坂本龍一:1919

  • Nippon Columbia Co., Ltd.
Amazon

*1:2012年に、海外で発売されたリマスター盤では、発売した国や大人の事情で、「1919」だけはこの音声をカットしたものが変更・収録されているという。