洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.21「戦メリ」よりはコッチかも・その4

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを盛り込んで書いていくコーナーとして復活させてみたものです(^_^;

第21回は、坂本龍一教授の「War and Peace」です。現在は、2004年に発売されたアルバム『CHAZM』と一部の音楽配信サービスで聞けます。

co062c54.hateblo.jp

 この曲は、ジャキス・モレレンバウムさんや細野晴臣さんらが参加した曲をループさせてている中に、坂本教授の考えをアート・リンゼイさんが歌詞に仕立てた「イラク戦争に対する、戦争と平和に関する内容の歌詞」を、20名の(多分、当時のニューヨークの街中にいた)一般人に朗読させて、それを坂本教授が編集して作品にまとめたものです。

この当時の坂本教授は、活動拠点のアメリカ・ニューヨークで経験した9.11がキッカケで、反戦モードになっていて、自身の反戦の理想と現実の狭間に生じる怒り・悲しみ・挫折・不安。そして希望を現したような曲の発表や反戦アピールをアメリカや日本で行っていました。
特に日本では、民放テレビ局との共同企画として「地雷ZERO」キャンペーンというのを立ち上げて、「ZERO LANDMINE」という曲を日本で発表していました。

話は脱線しますが、最近フランスの大統領がフランス国民に「私たちは戦争状態にある」とおっしゃられていましたが、“この世界戦争”が早く終わるといいですね(T_T)

話を戻します。
今回はCD・配信未確認だと思われる、レアな日本人バージョンにリンクしてみました。2000年代前半の記録のため音質が悪いので、ココだけは、やや音量大き目にして、お聞きくださいm(_)m


War & Peace ryuichi sakamoto (Japanese version,Live).mpg

 

 

War & Peace

War & Peace

  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
CHASM

CHASM

  • アーティスト:坂本龍一
  • 発売日: 2004/02/25
  • メディア: CD