洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.133オトコの曲?・その1

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを書いていくコーナーとして復活してみたものです(^_^;

どうでもいいことですが、最近、江頭2:50(以下、エガちゃん)の動画を観たのですが、久しぶりにエガちゃんの姿を観たせいなのか、頭部は温水洋一化しているのに、首から下が狼男化しかけてる・・・のに、女子化という、人生の中で感じたことのないカオスに苦しんでいますOTL
超一流プロメイクさんが本気出して江頭に量産型メイクしたら…盛れすぎて江頭しか勝たん!

 それはさておき、第133回は「七人の刑事のテーマ」です。2020年現在は、2006年発売の企画盤『ヤマタケフォーエバー』だけで聞けます。配信はされていません。

 この曲を作られたのは山下毅雄さんという、1960年代から1970年にかけて活躍されていた作曲家・編曲家の方です。
今回取り上げたテレビドラマ『七人の刑事』のほかに、時代劇『大岡越前』のテーマ曲、『パネルクイズ アタック25』のテーマ曲、テレビアニメ『ルパン三世(第1シリーズ)』のテーマ曲などを手掛けていました。

小学生の頃に観ていた『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』の中のドラマに、この曲が連発するエピソードがありまして、そのせいで未だに覚えていたりします。
いつ聴いていても、男臭さを感じるアレンジの曲です(^_^;;