洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

好きだけど、なんか・・・(゜д゜;)→No.37ネットが日常の中にある時代の人はなに思う?

今回は、坂本龍一教授の「電脳戯話(でんのうぎわ)」と言う曲を取り上げます。生まれた頃からネットが日常の中にある現代の人たちは、この曲を聴いて何を思うのでしょうか?

『ある山下テツローの場合』→第6.5話

今回は、彼が書き残していたテキストの中にあった「行政解剖」と「葬祭ディレクター」についての事を掻い摘んで書こうと思う。

『ある山下テツローの場合』→第6話

朝からのデスクワーク中。立川市役所から、2月8日未明に発見された孤独死した人の葬儀についての相談の電話を受けるが、僕には分からないことだったので、すぐに上司へバトンタッチした・・・。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.166オトコの曲?・その4

今回は、あるネット番組の企画から生まれた、木梨憲武さんの「サンシャイン ラブ 〜差し替え ザッキー〜」という曲について適当に取り上げます・・・って、“差し替え ザッキー”とは一体・・・。

『ある山下テツローの場合』→第5.5話

今回は、序章と第1話から第5話までに掲載した挿絵の事について適当に書こうと思う。

『ある山下テツローの場合』→第5話

今日から、応援のために八王子へ通う。だが、繁忙期以外の仏具店は・・・なんか暇だ。

エヴァたちに踏みつぶされる大量のドクロのイメージが頭を過る日々

この数日報じられている、東京都と大阪府の新型コロナウイルス新規感染者数を聴いたり、インドのニュースを観る度に、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』に出てくる、セントラルドグマ最深部での戦いの中でエヴァたちに踏みつぶされる大量のドクロのイメージが…

とりあえず監視されています(-_-|;|

どうも。4月30日に「中国の某アニメ制作会社から訴えられそうになっている」と書きましたが、指摘されていた『ある山下テツローの場合』第3話の挿絵の削除・差し替えを、期限の日本時間4月29日午後3時までにどうにか間に合わせることが出来たんです・・・(-o…

気分はジャック・バウアー?

どうも。どうでもいい事かもしれませんが、ついさっきまで『ある山下テツローの場合』第3話の挿絵の1つの差し替え作業をしていました(徹夜だったので、軽く死にそうです。)。なぜ差し替えたのかと言うと、現在海外から訴えられそうになっているからです・…

『ある山下テツローの場合』→第4.5話

ここでは、彼が書き残していた2008年1月20日と2008年1月25日の内容に出てくる「白木祭壇」と「生花祭壇」ついて、少々掻いつまんで書こうと思う。

『ある山下テツローの場合』→第4話

出勤すると、帰り支度中の日勤のオフィスや自社ホールの受付の女性たちがおしゃべり(愚痴?)が耳に入った。来る前にテレビのニュースで聴いていたけれど、こっちにとばっちりが来る可能性でもあるのだろうか?

「普通って大切」←飯話(めしばな)限定であれば共感します(^_^;

この数年の間に、有名チェーン店やテレビの食レポ番組の影響なのかは分かりませんが、どこに行っても普通の見た目や味の飲食物に遭遇しなくなってきてますね。似たような味や見た目の物を提供している食べ物屋ばかりで面白くないです・・・。

ゾンビになりかけている今日この頃・・・(/ ゚ρ゚)/ (/ ゚_゚)/(/ ゚Q゚)/

現在、私がゾンビになるまでに見聞きしておきたい物の一部を公開しております。もしご興味がありましたら、ご覧ください。坂本龍一教授の『Year Book 1985-1989』に関する情報だけでも大丈夫ですので(^_^;;

意味ね~質問→Q8.どうして、アニメの“エヴァンゲリオン”は完結しようとすると一悶着あるの?

どうして、“エヴァンゲリオン”のアニメの完結後には毎回一悶着あるのでしょう?現在『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が上映中ですが、どうも日本で新たな火種が燻っていて、炎上に発展しそうになっているらしいです(-_-;

『ある山下テツローの場合』→第3話

会場準備が一通り終わると、ほかのスタッフと社員に任せて、この通夜の会場誘導をするために僕と新人を連れて、路線バスに乗って立川駅北口へ行く。昼食を済ませると、Y君は駅の改札口の前、僕は“天井”の中にある、通夜会場の最寄りへ行く路線バス乗り場へ行…

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.165敏宮凌一を嫌いになっても、ジャムは嫌いならないでください!←古っ!

今回は、YMOの曲の中で唯一、紅茶やパンのお供で知られる、あの“甘い食べ物”を題材にした曲について、適当に書いてみました。「ジャムデショ?」(^_^;

『ある山下テツローの場合』→第2.5話

彼が書いていた2008年1月3日の記録の中に、医大への献体に関する内容が少しあった。そこで、ここでは献体についての事を掻いつまんで書こうと思う・・・。

『ある山下テツローの場合』→第2話

彼がこのような日記を始めたのは2008年1月2日から。キッカケは2008年当時に発売された『自死という生き方 覚悟して逝った哲学者』という一冊の本との出会いだった・・・。

期間限定・勝手に啓蒙活動!気になる場合は相談窓口へCovid-19 consultation service information

このところ、日本の新型コロナウイルスや変異コロナウイルスの情報に翻弄されてしまい、おさぼりをしてましたが、再開します。

『ある山下テツローの場合』→第1話

2009年3月24日の午前6時過ぎ。東京都のある中学校付近の神社で一人の男が死んだ。死因はたぶん自殺かもしれない。だが私は、この男に心当たりがある・・・。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.164「戦メリ」よりはコッチかも・その17

今回は、坂本龍一教授の隠れた名曲の1つ。伝説のニュース番組『筑紫哲也NEWS23』のオープニング曲だった「put your hands up」を適当に取り上げます。

『ある山下テツローの場合』→序章

この『ある山下テツローの場合』というのは、当時ネット上に存在していた、私のホームページの中で2009年9月から不定期連載していた読み物である。だが、連載は序章から第4話で止まった・・・。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.163ある山下テツローとの音楽・その2

今回は、藤井 風さんの「もうええわ」と、ある人のことについて、適当に取り上げます。

好きだけど、なんか・・・(゜д゜;)→No.36私の人生の中で最も身を入れて聴いていなかった曲

今回は、1980年代の伝説のコントの曲であり、私の人生の中で最も身を入れて聴いていなかった曲、チェッカーズの「ONE NIGHT GIGOLO(ワンナイト・ジゴロ)」を適当に取りあげます。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.162かぜの歌?・その6

今回は、ミズノマリさんの「春の嵐」について適当に取り上げます。どうでもいいことですが、今の季節は強風のあった日の翌日には、黄色い盛り塩のようなスギ花粉の小山が玄関のドアの前に出来ていて、花粉症の自分にとっては腹立たしいです。

『シンエヴァンゲリオン劇場版』←たぶん地上波放送は無理かも・・・。

今日(21日)で東京都の緊急事態宣言は解除されます。しかし、緊急事態宣言中の2021年3月某日の午前9時に『シンエヴァンゲリオン劇場版』を観てきました!(^_^;

村上ポンタ秀一さんと大塚康生氏、逝去・・・。

3月9日に大御所ドラマーの村上ポンタ秀一さん、3月15日に映画『ルパン三世 カリオストロの城』など数多くの作品に関わったアニメーターの大塚康生氏が他界されました。お二人のご冥福をお祈りいたします(;人;)

好きだけど、なんか・・・(゜д゜;)→No.35歌ったら地獄行き確定?!な曲・その5

今回は、1990年代生まれの“あの桜ソング”について適当に書いてみました。これもまた、歌ったら地獄行き(-_-|;|

映画泥棒は永遠に不滅です・・・?

現在『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が日本中で上映されていますが、最近この映画を映している映画館やシネコンのスクリーンをスマホなどのカメラで撮影して、ネットにアップしている人々のことが問題になっているそうです。

ある注射器とコーンスープ缶の粒コーン

昨日から、新型コロナ用ワクチン・1瓶の接種可能回数を7回に出来るという注射器が量産されるという情報が出ています。しかし、これを聴いていると、なぜかコーンスープ缶の粒コーン攻略法のことが頭をよぎります。