洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

『ある山下テツローの場合』→第15話

第15話:ゴミ拾い中の疑問、ある深夜の決心、健康診断の日

 彼の遺品のUSBフラッシュメモリ内「2008」フォルダから「200805」より。ブログ掲載の都合上、一部自主規制あり。

05/01/08(2008年5月1日)
今日は日勤。空は曇っている。
パートナーと朝食をとる。

帰省や旅行にでも行っている人が多いのか、この数日、街の中は出歩いている人が少なくて、僕にとっては何だか気が楽。今のところ、電話もメールもなくて暇だった。
だが、そのせいで、午前中はほかの*1手が空いている若手社員たちと本社の駐車場のゴミ拾いの手伝いになった・・・。
それにしても、なぜ本社の駐車場には毎度のようにタバコの吸い殻が詰まった缶コーヒーが落ちているのだろう?どうして、本社の周辺の道路には片方だけの軍手やサンダルが落ちているのだろう?
その最中、若手社員の一人の手が止まっていることに気づいたので近づいてみると、彼女の視線の先には、エッチな感じのDVDと使用済みのコンドームが複数捨ててあった・・・。彼女には、ほかの所のゴミ拾いへ行くように言って、僕が彼女に代わってそれらを片付けた。夜勤の人たちは見回りをしているんじゃないのか?
午後はデスクワークだけで終わった。

05/02/08(2008年5月2日)
今日は日勤。今日も空は曇っている。
パートナーと朝食をとる。

午前中は、デスクワークと本社の郵便受けの確認をする。
出勤中に雨が降っていたこともあったが、昼に止んだ。

午後。
社内や自社ホールのセキュリティーに関する会議に出る。
昨日の本社周辺と駐車場のゴミ拾いで回収した物から見えたセキュリティーの甘さや、東京中にある自社ホールへの不審者侵入問題とセキュリティーの改善などについて、3時間くらいやっていた。

05/03/08(2008年5月3日)
今日は日勤。朝から雨が降っている。
朝食を用意しようとしたが、珍しくパートナーがいない。部屋へ行くと、パートナーが部屋の中で泥のように眠っていて動かない・・・。
念のために、*2パートナーの首に手指を当ててみた。脈もあるし、死んではいないみたいだ。僕は部屋を出ると、一人で朝食をとった。
あの人、今日は休みで良かった・・・。

f:id:Hanakonjo129:20210714094347p:plain

©2021 Ryoichi Satomiya

午後。
ウチの会社が火葬式で利用している多摩地域中の火葬場から届いたクレームについてのミーティングに、会社にいる葬祭ディレクターの代表者として参加。参加者には、生花部門の社員や棺部門の社員などの姿もある。
クレームの多くは、「納棺の儀」で納める写真と手紙などを含む紙製品や布製品の量に制限を設けてほしい」というものだった。遺灰の量が多過ぎて焼骨を探し出すのに時間がかかってしまい、遺族と参列者を無駄に待たせてしまう上に、火葬技師の*3発がん性リスクが上昇させているとお叱りを受けたという。
遺族や参列者の心情を優先するか、火葬技師の発がん性リスクを考慮すべきか・・・。
このクレームへの回答と解決策が出てこないまま、明日へ持ち越されることになった。

仕事から戻ると、パートナーはテレビを観ていた。

05/04/08(2008年5月4日)
今日は日勤。また朝から雨が降っている。
今日は休みのパートナーと朝食をとるが、パートナーは目にクマをこさえていて、何か酒臭い・・・。
何でも、今月末に会社で試験があるのだという。なぜ酒臭いのかも気になるし、パートナーの健康面が心配だ・・・。

午後。
昨日のミーティングの続き。多摩地域中の火葬場からのクレームへの回答と解決策が出てこない・・・。「明日へ続くなんて言わないで!」と心の中で思いながら、このミーティングの場にいる。
2時間くらい経って、葬儀での納棺の儀の際の更なる見張りの強化をするという事で、このミーティングは強制終了した。
また、火葬場からクレームが来るような気がしてならない・・・。

05/05/08(2008年5月5日)
今日は休み。今日は朝から曇っている。
今日が休みのパートナーと朝食をとるが、パートナーはまた目にクマをこさえているし、また酒臭い・・・。

05/06/08(2008年5月6日)
今日は夜勤。
よりにもよって、朝から快晴で暑い・・・。
今日が休みのパートナーと朝食をとるが、パートナーはまた目にクマをこさえているし、またしても酒臭い・・・。

朝食の後。
僕はパートナーに酒臭いことを言うと、「試験勉強の後は、強めの酒を飲まないと寝られない」とパートナーは答えた。それを聞いた僕は頭に血が上ってしまい、パートナーに「今すぐ部屋にある酒を全部出せ」と言った。少しすると、パートナーが部屋から、飲みかけの*4ウォッカの酒瓶と、なぜか、飲みかけの*5スポーツドリンクの大きいペットボトルを持ってきた。どちらも、半分くらい減っていた。僕はパートナーに問いかけると、「ウォッカをスポーツドリンクで割ったものはすぐに酔える」と言っていたのを聞いた僕は*6鶏冠(とさか)に来てしまい、「死にたいのか!」とパートナーを怒鳴りつけていた。パートナーは何も言わずに、無言で自分の部屋に戻ると、しばらく出てこなかった。
その後、僕はパートナーが置いて行ったウォッカの酒瓶とスポーツドリンクの大きいペットボトルをベランダの隅に置いた。

05/07/08(2008年5月7日)
今日は夜勤。
朝から快晴で暑くて、(気温は)26℃になると天気予報が言っていた。
昼前に起きて、玄関を観るとパートナーの革靴が無いので、会社に行ったようだ・・・。

午後。
昨日ベランダに置いていた、パートナーのウォッカの酒瓶とスポーツドリンクの大きいペットボトルを持ってくると、台所の流しで中に残っている物を捨てて、再びベランダに置いた。

f:id:Hanakonjo129:20210714094451p:plain

©2021 Ryoichi Satomiya

深夜。
オフィスの一部の中に出来る深夜の闇を観ていると、心底悲しくなる。特に、深夜2時過ぎの漆黒はいつも心身に応える。夜勤や灯りを落とした家の中でこれを観る度に、嫌でも、あの時のことや、*755歳のときの7月のあの日のことなどを思い出す。
「この世の流れに乗れない奴の居場所なんて、ここには無いんだよ。」と街中や自分の身の回りから言われているような気がして堪らない・・・。あの日以降、家で寝ていると、何かとうなされるようになった。このまま、この世界に居続けたら、僕の周りに迷惑をかけてしまう気がしてくる・・・。
僕は、僕自身を救うためにも、*82012年の60回目の誕生日に、この世を去ろうと心に決めた・・・。

05/08/08(2008年5月8日)
今日は休み。朝から、空は曇っている。
6日のこと以降、パートナーとは*9冷戦状態みたいになっていて、朝食は一緒に食べるが、お互い口をきいていない。夜も、パートナーはどこかで食事を済ませてくるらしく、一緒に食べていない。
僕が悪いんだよな。パートナーのスタイルを否定してしまったから・・・。

05/09/08(2008年5月9日)
今日は休み。朝から空は曇っている。
パートナーと朝食をとるが、パートナーは疲れているように見えた。

午後。
パソコンにイヤホンを接続して、昨日図書館から借りてきた*10ニュース映画や映画のDVDを観て過ごした・・・。

05/10/08(2008年5月10日)
今日は日勤。昨日とは違って、朝から冷たい雨が降っている。
今日が休みのパートナーと朝食をとるが、パートナーは疲れているように見えた。
冷戦は地味にキツイな・・・。


05/11/08(2008年5月11日)
今日は日勤。朝から曇っていて、涼しい。
今日は休みのパートナーと朝食をとるが、パートナーは相変わらず疲れているように見えた。

夜。
パートナーはまだ帰ってこない。
僕は、明日の会社の健康診断のために断食。水分補給もダメ・・・。毎年の事とはいえ、まるで、*11“戦メリ”の「行」を言い渡された俘虜のような気分になる・・・。

05/12/08(2008年5月12日)

f:id:Hanakonjo129:20210714094605p:plain

©2021 Ryoichi Satomiya

朝から曇っていて、涼しい。
この日の朝の僕は、省エネのために思考停止していた。少しでも思考しようものなら、健康診断の時まで体力が続かない・・・。
この日は休みのパートナーが、一人で朝食をとっている姿を横目にするが、パートナーは相変わらず疲れているように見えた。
僕らの冷戦はまだ続くようだ・・・。

この日は休みだが、会社の健康診断のために出社。
今年は運が良かったのか、僕の健康診断の順番は昼飯前だった。これまで、僕の健康診断の順番は毎年午後か夕方目前だった・・・。
「これで検査は終了です。お疲れさまでした。」という看護師の言葉を聴いた途端、
僕の「行」は終わった。
昨晩から飲み食い出来なかった身にとって、*12「干天の慈雨」のようだった・・・。

健康診断からの帰り。
中央図書館の近くでバスを途中下車して、近くにあったハンバーガーショップで照り焼きチキンバーガーと激熱なフライドポテトのセットを食べる。
その後、中央図書館へ寄って、最新の雑誌を見て、*13フロムの近くのパチンコホールで打ったり、家電量販店の中のおもちゃ売り場とCD売場を*14素見して、家路に着いたが、家には誰もいなかった・・・。

夜。
パートナーが中央図書館のラベルがついた本を数冊抱えて帰ってきた。

05/13/08(2008年5月13日)
この日は夜勤。
この日は休みのパートナーと朝食をとるが、また疲れている・・・。

昼。
部屋にいると気まずくて、駅前のハンバーガーショップに行って、一人でダブルチーズバーガーのセットを食べに行こうとしたが、ハンバーガーショップへ行く途中で雨が降ってきてしまい、家に引き返す。
気まずい空気の中で、夜勤の準備をした・・・。

夜勤。
何者かの迷惑電話にキレて、思わず電話してきた奴に説教してしまった。しばらく、オフィスの空気を凍らせてしまった。
色々と溜まってるんだな、俺・・・。

05/14/08(2008年5月14日)
この日は夜勤。朝から雨が降っている。
パートナーと朝食をとるが、また疲れている・・・。
この冷戦を終わらせる方法が知りたい・・・。

夜勤。
社員の誰かが観ているアニメの台詞を聞きながら、書類整理をした。

→つづく・・・。


参考資料
wikiHow「脈拍の測定方法」
https://www.wikihow.jp/%E8%84%88%E6%8B%8D%E3%81%AE%E6%B8%AC%E5%AE%9A
みんなの海洋散骨「葬儀社様へ」
https://sankotsu-umi.com/funeral/
散骨粉骨代行サービスINORI「粉骨の基礎知識 遺骨には「必ず」六価クロムが含まれているのか?」
https://sankotu-funkotu.com/funkotu-chishiki/kanarazu-rokka/

*1:「てがすいている」と読む。日本の慣用句の一種であり、大人社会の専門用語の1つ。意味は「何もすることが無くて暇」。「手が空(あ)いている」などという言い方をする人もいる。

*2:手首で脈を取れなかった場合に行われる方法の1つに、右か左のどちらかにある首の気管にある頸動脈を人差し指と中指で押して脈を取るというものがある。

*3:人間の身体には、「クロム」という必須ミネラル成分が入っている。このクロムは、火葬で使われる火葬炉の耐熱ステンレスや耐火レンガにも使われていて、火葬終了後の火葬炉が高温の熱から冷める時に酸化したクロムが出てきて、遺骨に吸着されていく。そのため、火葬された遺骨は「六価クロム」という、発がん性物質の発生源になっていると言われている。この六価クロムは遺骨だけでなく、遺灰にも残留している。日本の多くの散骨業者は、遺骨や遺灰の中に含まれる六価クロムの度合いを調べた上で、六価クロムの無害化処理をしてから、散骨しているのだという・・・。

*4:ロシアとウクライナエストニアなど東ヨーロッパ、スウェーデンなどの北欧圏などで製造されている蒸留酒。なお海外の場合、小麦またはライ麦を煮たものを蒸留したアルコール度数・90度以上のウォッカの原料を、酒メーカーの方で購入して、アルコール度数が40度になるように水で薄めるなどの工程を経てから販売されているという。

*5:彼のテキストでは、商品名が書かれていたのだが、諸事情で自主規制させていただいた。

*6:怒りで冷静さを失うことを現す日本語。同義語に「頭に来る」というのがある。

*7:この事については、もうしばらく待っていただきたい。

*8:“彼”の誕生日は、3月24日。

*9:第2次世界大戦後に出てきた造語で、人の関係がうまくないという意味。語源は諸説あるが、アメリカとソ連(現在のロシア)が軍事力で直接戦う戦争を起こさなかったため、軍事力で直接戦う「熱戦(熱い戦争)」に対して、「冷戦(冷たい戦争)」と呼ばれた事からきている。

*10:(諸説あるが、)1930年から1992年まで、日本の映画館で本編上映前に映し出されていた、時事問題などの情報の伝達する短編映画。テレビやネットがなかった時代には、新聞の次に重宝されていたらしい。ちなみに一部のニュース映画は、現在『NHKアーカイブス』というサイトで、無料で観ることが出来る。

*11:1980年代の映画『戦場のメリークリスマス』の中で、収容されている俘虜(「捕虜」と同じ意味の日本語。)たちに、自分の思い通りに動かないことに苛立った日本軍のヨノイ大尉が、俘虜たちに対して、48時間の「行(ぎょう)」を命じるシーンがある。ちなみに、ここで言っている「行」とは「謹慎」をもっと厳しくしたもので、飲食も許されないのだという。

*12:「かんてんのじう」と読む。長い間待ち望んでいたものに巡り合う。または苦しい時に救いに恵まれるという意味の例え言葉。ちなみに、類義語としては「地獄に仏」などがある。ここでの“彼”の使い方には、個人的には異議を申し立てたいが、“彼”はもういないので何ともしがたい・・・。

*13:ここで書いている“フロム”というのは、立川駅北口周辺にある「フロム中武」というデパートのこと。ちなみに、“フロム近くのパチンコホール”は、2018年2月に閉店・解体された。現在、跡地にはホテルとコンビニが建っている。

*14:「ひやかし」と読む。買う気もないのに店を覗いたり、商品を手に取ったりするという意味の日本語。2000年代に流通したパソコン・タブレットスマホの文字変換では出てこない。