洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

“あなたの特別な10を教えてくれませんか?”←ちょっと難易度高い。

原稿とパソコン

『ある山下テツローの場合』挿し絵原稿(一部)と道具と“愛機”。

どうも。
この「はてなブログ」は、2021年11月7日にサービス開始から10周年になるそうです。意外に歴史があるブログだったんですね・・・。
そこで、現在募集中の10がつく企画に出せるだけ出してみようと思います。今回はその第1弾です。期待しないでくださいね。私も期待しませんから・・・。

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

いまのハンドルネームは、かつて通っていた高校のアニメーション部時代と同人作家時代に使っていたペンネームを一字替えたものです。
一字変えた理由は・・・
1つは、原因不明の失明を繰り返すようになったから。
もう1つは、あるネットの姓名占いの診断結果で、かつて使っていた私のペンネームが「吉凶混合だから良くない」と出たから。
更にもう1つは、今から15年前に、かつて使っていた私のペンネームと個人サークルの名前を、私の知らない誰かが中国に商標登録したために使えなくなったから・・・(-_-;;;

はてなブログを始めたきっかけは?

以前は今は亡き父が契約していたプロバイダーのブログで書いていたことがありましたが、プロバイダーの規則でプロバイダーとブログを辞めないといけなくなってしまったので、ブログは2017年で一旦卒業しました。その時のブログの内容は残していません。あっても嫌な事しか思い出しませんから・・・。
私が再びブログを始めようかなと思ったのは2018年ごろです。そう思った理由は、「ブログやSNSをやっていないと人間社会にはいてはいけない」ように変わってしまっていたのを、就活の際に思い知らされたからです・・・(^_^;
いざ始めようかと思ったら、日本は「ツイッター」や「フェイスブック」などのSNSが主流になりつつあったことや、“ブログはオワコンだ”と世間に判断されてしまった影響もあって、それまで日本中にあった数多くの有料・無料ブログサービスが撤退・消滅していて、残っている有料・無料ブログサービスは日本にいる人も使えるが、英語力やプログラミングを理解できていないと厳しいというものばかりになっていました・・・。私自身スマホを持っていないのと、SNSは苦手意識があるので「はてなブログ」があって助かっています。

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

今のところ、まだ無いですね・・・。あと何年かやっていれば、出てくるのではないかと思われます。その時まで私が存命していると良いのですが・・・(^_^;

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

現実逃避したいときとか、『ある山下テツローの場合』を早く終わらせたいなと思うときでしょうか(大変なんですよ、この人が書き残したものを現代のブログに載せるのは・・・(T_T))。ほかに代わってくれる人がいないのと、山下テツロー(仮名)からの遺言で拒否することも出来ないので・・・(^_^;
彼がちゃんと成仏できるように頑張ります・・・。

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

自分が過去に制作した作品や最近制作した作品についての記事が数記事あります。
現在、毎週連載状態になっている『ある山下テツローの場合』が終わったら出せるといいなと思っています・・・。

自分の記事を読み返すことはある?

公開後の記事の誤字脱字などのチェックの時に読み返していることがあります。それ以外は心身的に来るので、記事を読み返さないように注意しています・・・。

好きなはてなブロガーは?

はてなブロガーは綺羅星の如くいらっしゃるので、中々絞り込めません・・・OTL
強いて言うならば、『ある山下テツローの場合』の挿絵作りの参考にさせていただいた「ぼのこ」さんでしょうか。女社会の事を理解することができない奴が観ていて、申し訳ないです(-_-;;A

www.bonogura.com

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

インターネットが日本に入って来て20年以上経ちますが、ネットの進歩によって淘汰されたネット文化やサービスも数多くあります。「はてなブログ」も、あともう10年続いていただきたいですm(_)m
あと、パソコンの「はてなブログ」の記事編集画面 をもう少し書きやすくなるようにしてほしいです。私が使っているパソコンの画面は小さめなので、「今週のお題」が多い時は記事の書き込みがやりづらいです・・・。

10年前は何してた?

YMOや創作系の同人誌活動や、今は亡き日本のある無料ホームページサービスで自分のホームページを持ったり、就活したり、ある美術系の通信教育で挫折したり、あるプロバイダーのブログサービスで書いていたり、現在このブログの中で公開し続けている『ある山下テツローの場合』の取材や初期の原稿を書いていました。

この10年を一言でまとめると?

広大無辺の砂漠の中での10年でしょうか。デスクワークをしていると体調を崩すのもあって、10年も職に就けていない状態が続いていますからね(-_-|;|
たぶん、私は“砂漠のカーリマン”やマスターキートンのようにはなれないような気がします・・・。

srdk.rakuten.jp