洋梨とバックロールエントリー

敏宮凌一(旧・敏宮龍一)によるブログ。

これをメイ曲と呼んではいけないのだろうか?→No.141ライディーンや胸キュンだけじゃない件・その5

これは、私が過去にやっていたブログで適当にやっていた、私の「iTunes」の中に入っている曲の中で何回もリピートしてしまうものを紹介していた書き込みコーナーに、私が過去に好きだった曲や「なぜカバーする人がいない!」と心の中で日夜嘆く曲などを書いていくコーナーとして復活してみたものです(^_^;

co062c54.hateblo.jp

 もうすぐクリスマスです。
そのせいか、街中では様々なクリスマスソングが流れていますが、今年の私は色んな意味でクリスマス気分にはなれそうにありません・・・(-_-;;

そこで第141回は、YMOの「キャスタリア(CASTALIA)」です。この曲は2020年現在、1978年発売&2018年再発・アナログ盤化されたアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』と2020年に発売された“再生”YMOのブルーレイ『テクノドン・イン・東京ドーム』で聞けます。

 この曲は、坂本龍一教授のピアノが主役の曲です。重く落ち着いた印象のこの曲は、『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』の中でも異色の存在感を放つものでした。
映画『惑星ソラリス』からインスパイアされたらしいと言われていますが、直接的には坂本教授がリスペクトされていた音楽家の一人である、武満徹氏の音楽から影響を受けているらしいです。


Castalia - YMO

ちなみにこの曲を作った動機は、*1坂本教授が学生の頃にお付き合いしていた彼女さんに贈るためだったそうです・・・(^_^;

オマケとして、“再生”YMOによる「キャスタリア」をご覧ください。


再生YMO/キャスタリア

 

TECHNODON IN TOKYO DOME[Blu-ray]

TECHNODON IN TOKYO DOME[Blu-ray]

  • 発売日: 2020/04/22
  • メディア: CD
 

*1:1999年に発売された、坂本教授のインタビュー本『skmt』参照。